先日、すし屋に入ったらいい香りがしたので何だろうと思ったら、

茶香炉でした。

どこに売っているのかマスターに聞くと、「笠間にあるんじゃん?」と言われたので、

笠間に行って買ってきました。

 

 

じゃん!

見ているだけでワクワク感いっぱいの香炉。

これをつくった人とは気が合いそう、と勝手に思っています。

 

 

そのままじゃなんだか可哀想な気がしたので、

畳表を切って、ほつれそうなところだけボンドでちょちょっと止めて、敷物をつくりました。

もちろん畳表は使えなくてもらったものですよ!

 

 

そして、夜を待って点火。

 

なぜか夜まで待ってしまった。

これで、いろんな理由で飲めない茶っぱとも楽しく過ごせますね。

いろんな理由・・・・・・は、察してください。

ヒントは トイレマスター

 

冬になったら柚子やみかんの皮を乾燥させて茶っぱと入れたら素敵に香ってくれるかしら。

今から冬が楽しみです。

 

 

 

戻ります。