【 ネタばらし 】

ヘリが表紙の和本

観桜の会というお花見(?)の会に参加させていただいたときにつくった、発表資料の作り方です。

特徴は・・・・・・

@ 表紙がヘリであるということ(持っていったゴザのヘリとおそろい)

A 資料からほのかな桜餅の香りが!!         の2点です。

 

以下、作り方

本にしたいものを適当に束ねておきます

 

 

かどっこにつける紙にボンド

 

 

 

さっきのをつけます

 

 

 

綴じる予定の場所にマークつけます

 

 

 

穴あけます

上の道具は革に穴をあけるのに使う道具だけど、製本に使ってます。

 

 

 

穴をあけたらヘリ(表紙)をかぶせて縫い合わせます

ちなみにこの糸は畳を縫うときの糸

そんじょそこらのことがあってもだいたい切れないとの噂

 

 

 

とじおわった!

ハサミで余分なところを切ります

 

 

 

とじ終ったら裏表紙と紙の間をボンドやのりでくっつけるのですが、

今回のポイントがここに!

桜の葉っぱを挟めてくっつけました。

これが 「本からほのかに香るー」 という仕掛けです。

 

 

 

そんなこんなで終了

他にも挟めて香るものってないかしら?

 

お疲れ様でした!

 

 

 

戻ります