以前、あるお宅に畳を入れに行って、

あまっちゃったヘリ。

 

 

 

せっかくなので、そいつでブックカバーを作りました。

 

模様がズレないように、縦と横をよく見ながら印つけたり切ったり縫ったりしたので、目がグワグワに・・・・・・。

職人泣かせのヘリって聞いていましたが、確かに、こいつと毎日付き合うのはキツイです。

 

 

でも、作ってからうれしいことが!!

さわり心地が非常によろしい。

さすが、綿は違うね!

 

文庫本サイズ。

本の厚みによって調節できます!

ハードカバー本サイズは、ヘリの幅が足らず断念。

これでも、いつものヘリだったら約8cmくらいしかないので、ブックカバーに変身できるヘリはなかなかないんです。

 

 

 

 

 

 

まだまだあまっているので、今度は軽くカードケースです。

 

っと言ってもカード持ちじゃないので、

ここのホームページのお知らせカードを作って入れてみました。

 

お母さんが気に入ってしまい、知り合いに出会ったら配るために常に持ち歩いているそうです。

恐ろしい・・・・・・。

万が一出会ってしまったら「人違い」ですと言ってくださってかまいません!

 

 

 

戻ります。