震災後、家にカムバックして、作業机を設置。

 

 

おばあちゃんのタンスをもらった!

小さな扉がついた棚部分がお気に入りだけど、飾り窓から見える布がボロボロだったので、和紙を貼っつけました。

和紙はもちろん、烏山和紙

 

小さな扉の棚部分とやらの中身がこんな感じ。

ゴザや和本を作るのに必要な道具が入ってます。

ちなみに、このタンスは戦後すぐに嫁いだおばあちゃんの嫁入りタンスなので、

少ない物資の中で作られたある意味すごいクオリティの貴重なタンス。

 

基本的に開くけど簡単に締まらない(笑)

でも好きなので大切にします。

 

 

これは、ひぃばあ様の小物入れ

これもいただきました。

はさみやらカッターやら、その他文房具が入ってます。

 

 

左から、烏山和紙とい草表

和紙を入れているのは、震災後に仏壇の下からゴロゴロっと出てきた花瓶。

ちょうど良い具合

 

 

そうそう、こういう色付きのい草表もあるんです。

でも使いどころを見誤ると危ない部屋になると密かに思う・・・・・・

 

このい草表、今後もちょくちょく登場!

 

 

ぶんちん

意外に役に立つ奴

イカシタ奴

 

ひぃおばあ様からちゃっかりもらったもの

 

 

ペン立て

作業中にちょろっとメモするので、そのためのペン立て。

隣のアパートにいたタクシーのおじちゃんの置き土産。

 

 

振り返るとほとんどもらい物か。

こんなパーティーメンバーでゴザを作ってます。

 

 

 

もどります