今、お花見に使うゴザを縫ってます。

1枚に2人として、15枚必要なんじゃないかと思い、

15枚を目指して縫ってます。

 

縫い終わって保管されているゴザゴザ

3月半ばから始まって、もうこんなに縫ったぜ!

 

 

そういえば、畳の原型とされるものが奈良時代の天皇の寝台で、

草を編んでヘリをつけたものを何枚も重ねたものだったはず(うろ覚え)。

この状況がそれに近いんじゃないか?

 

っと思ってお父さんを呼んでゴザの上に寝てもらったら、

カメラの空気を感じて急いで起き上がる(笑)

寝心地とか聞きたかったのに逃げられてしまった。

 

奈良時代の天皇ゴザベット、個人的に寝心地は良いと思います。

夏なんかに使うととてもいいなーって思いますが、

置き場所が問題よね。

作る手間や精神力を考えると、その後の置き場所に困るというのは

何とも空しい気持ちになるな。 うん。

 

 

話が脱線しましたが、お花見のゴザはあと3枚!

やっとここまできたよ・・・・・・。

あとちょっと頑張ります。

 

 

戻ります